飲料水比較ガイド

地下水はそのままでも飲料水として飲めるの?

地下水をそのまま飲料水として飲むのは危険でしょう。
地下水というものがどうやって作られるかというと、まず雨などによって地表に降り注いだ水分が地下へ浸透することから始まります。
土壌には水分を保持する能力がありますが、その能力の限界までは水分を保持することができるでしょう。
このような水を地下水と呼ぶことが多いようです。
表面から見れば分からない場合も多いようですが、井戸を掘れば地下水が見つかる場合もあります。
数百メートルという深さの地下水であれば、汚染も少ないと思いますが、地下水が汚染されるということはよくあることですから注意が必要といえるでしょう。

 

汚染の原因となるものは非常にたくさん考えられます。
例えば、工場などがあれば有害物質を排出している可能性があります。
工場跡地で有害物質が発見されるということも過去にはありました。
それらが雨水とともに土壌中へ浸透することによって、地下水が汚染されるということが考えられるのです。

 

また、生活廃水なども汚染の原因として考えられる場合があります。
数10メートルの深さの地下水であれば、地表での人間生活が大きな影響を与えることも考えられるでしょう。
このように地下水というのは汚染されている可能性が否定できません。
ですから地下水を飲料水として利用しようと思っている場合には、きちんとした水質検査を受けて安全性が確保された地下水のみを飲料水として利用したほうが良いでしょう。

 


地下水はそのままでも飲料水として飲めるの?関連ページ

水道水と市販の飲料水の違いは?