飲料水比較ガイド

天然水の飲料水の特徴は?

天然水の飲料水の特徴としては有害な成分が含まれていないということと、色々なミネラルなどの成分が含まれているということではないでしょうか。
ミネラルとしては4大ミネラルといわれることがあるものとして、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムがあります。たいていの天然水にはこれらのミネラルが含まれているでしょう。
しかしながら天然水といってもどこで採水されるかによって含まれるミネラルの割合は大きく異なってきますし、そのほかの成分が配合されているということも多いようです。

 

例えば最近になって人気を集めているのが富士山麓で採水された天然水でしょう。
富士山麓で採水された天然水にはバナジウムが含まれているというようです。
これが人気を集めている理由の一つかもしれません。
その他には阿蘇山の近くで採水される天然水には、ゲルマニウムや天然亜鉛が含まれているそうです。
これらも人気の一つとなっているのでしょう。
このように、天然水の特徴としては色々な成分が含まれているということが特徴的だといえます。

 

ところで天然水の飲料水とミネラルウォーターとでは何が違うのでしょうか。
ミネラルウォーターとはミネラルを含むものを指しますから、多くの天然水はミネラルウォーターの一つだと考えられます。
しかし天然ではなくて、人工的に色々なミネラルを加えたミネラルウォーターもあるということが大きな違いでしょう。
天然水は採水した後に安全性を確保するための最低限の処理しか行われていないのです。


天然水の飲料水の特徴は?記事一覧

RO水の飲料水の特徴は?

RO水の飲料水の特徴としては、水以外のものがあまり含まれていないということではないでしょうか。RO水というと逆浸透膜法という方法によって、水分子以外のものを除去した水の事です。ですからバクテリアやウイルスは当然含まれていませんが、ミネラルなどもほとんど含まれていないのです。この点が非常に大きな特徴で...

≫続きを読む

軟水の飲料水の特徴は?

軟水の飲料水の特徴としては飲みやすいということではないでしょうか。軟水というのは硬度の低い水の事を指します。硬度が低いということはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが非常に少ないものを指すのですが、これが軟水なのです。日本で採水される天然水の多くは軟水ですから、日本人の口にはあうと言えるでしょう。...

≫続きを読む

硬水の飲料水の特徴は?

硬水の飲料水としての特徴といえば、カルシウムイオンやマグネシウムイオンがたくさん含まれているということです。硬水には一時硬水と永久硬水というものがあります。一時硬水というのはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの相手となるイオンが炭酸水素イオンなどのものを指します。加熱することによって炭酸水素イオン...

≫続きを読む