飲料水比較ガイド

軟水の飲料水の特徴は?

軟水の飲料水の特徴としては飲みやすいということではないでしょうか。
軟水というのは硬度の低い水の事を指します。
硬度が低いということはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが非常に少ないものを指すのですが、これが軟水なのです。
日本で採水される天然水の多くは軟水ですから、日本人の口にはあうと言えるでしょう。
日本の料理には古くからこの軟水が用いられてきたわけですから、これは当然のことかもしれません。

 

つまり特徴を簡単に言うのであれば、誰でも飲みやすいといえるでしょう。
これは硬水と比較するほうが良いかもしれません。
硬水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンがたくさん含まれています。
これらのイオンが体内で何らかの影響を与えることがあります。
硬水を飲むことによってお腹がゆるくなったという人もいるそうですが、これはこう水中に含まれるマグネシウムイオンの働きであるといわれているのです。
ヨーロッパで採水される天然水は硬水が多く、そのためヨーロッパから輸入された天然水のミネラルウォーターしか手に入らなかった時期には、ミネラルウォーターを飲むとお腹を下すといわれたこともあるそうです。
しかしこれはヨーロッパで採水された天然水が硬度の高いものであるということが原因であるといえるでしょう。
これに比べると軟水ではこのようなことはあまりありません。
軟水を飲んでお腹がゆるくなったということは基本的にはないでしょう。
ですから軟水は多くの人の飲料水として適しているといえるのです。


軟水の飲料水の特徴は?関連ページ

RO水の飲料水の特徴は?
硬水の飲料水の特徴は?