飲料水比較ガイド

Mizの樹の飲料水の特徴は?

Mizの樹は飲料水としてはまろやかな味を味わうことができるでしょう。
Mizの樹の味については、まず軟水であるということに注目しておきたいと思います。
日本人にとっては軟水が最も口に合うといわれています。
そしてもう一つは弱アルカリ性であるということがあげられます。
弱アルカリ性ですから、酸性に傾いている場合には中和する作用があると言えるでしょう。
このようなことから、基本的には味は美味しくて健康的であるといえるのです。

 

Mizの樹の原水としてはラドン泉天然水と阿蘇山のバナジウム天然水があって、これらをブレンドしたものがMizの樹なのです。
ではラドン泉とはどのようなものなのでしょうか。
ラドン泉とは温泉などでも耳にする言葉ではないでしょうか。
ラドン泉を飲料水として利用した場合には生体活性作用があるといわれています。
つまり血液や細胞などに働きかけて代謝を促進するといわれているのです。
また、様々な病気に効果があるとも言われています。
阿蘇山のバナジウム天然水には非常に多くの成分が含まれています。
具体的にはカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの基本的なミネラルに加えて、亜鉛やバナジウムなども含まれているのです。
少し偏った食生活を送っている人の場合にはこれらのミネラルが不足しやすいといわれていますが、このように感じる人にとってはMizの樹を飲料水に用いることによって無理なく摂取することができるでしょう