飲料水比較ガイド

ウォーターダイレクトの飲料水の特徴は?

ウォーターダイレクトの天然水といえばクリティアですが、クリティアの飲料水の特徴としては、まず軟水であるということがあるでしょう。
日本の天然水の多くは軟水であるといわれています。
クリティアもこれと同じように軟水なのです。ウォーターダイレクトのクリティアは、カルシウムやマグネシウムお濃度を示す硬度は25です。
硬度が25というのは日本人にとってはもっとも親しみのあるものだそうです。
ですから飲料水として飲むには最も適したものだといえるでしょう。

 

飲料水としてそのまま飲むだけでも良いと思いますが、例えばお茶を出すのにも適していますし、コーヒーも味がまろやかになるために、軟水で入れたコーヒーが好きな人もいるようです。
ウォーターダイレクトのクリティアの特徴としては、希少な元素であるバナジウムを含んでいるということもあります。
バナジウムは普通に生活をしているとなかなか摂取できないようですから、食生活が偏っていてバナジウムが不足しているかもしれないと考える人がいるのなら、ウォーターダイレクトのクリティアが良いと思います。

 

飲料水の特徴としてはやはり安全性が気になるのではないでしょうか。
クリティアは加熱処理をせずに出荷しているという事を考えれば、安全性には相当な自信があると考えてよいと思います。
通常は加熱処理をするのですが、クリティアの生産プロセスにおいては品質管理が徹底しているために、加熱処理をする必要がないのです。