住宅ローンはどこの銀行がいい?おすすめランキング

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申し込み方法はいたって簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので確定申告を自分でする形になります。

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

というものではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の住宅ローンはどこがいいかがかかるようです。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みした場合、初めに審査があります。

パスしないと先にはいけません。

重要視されるポイントとしては年収、勤続年数、仕事内容などです。

かつ、過去に使用したことがあるカードローンの事もチェックされるケースが多いので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば使用しないか、必要な時だけにするのが良いでしょう。

自宅購入を考えた時役立つものとして住宅ローンがあります。

申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うのでそこで提携している金融機関に申し込みをしても良いと思います。

返済期間は人によってまちまちですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

一般的に、40歳を超える申し込みに関してはなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金がなくなる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が0円でもOK!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、一ヶ月あたりに返済すべき住宅ローンはどこがいいかが減るので負担が軽くなります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、毎年住宅ローンはどこがいいかが大きく左右する可能性も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

とはいえ、今は金利が低い住宅ローンが多い傾向にある事もあり調査によると40%の方が利用しているそうです。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、大事な住宅ローンをどんな点に注意して選びましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、新しく銀行で借り換えしたい方も口コミを参照しましょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますがその中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など応急的に、借りることで補うローンの事なのです。

大抵の場合住宅ローンはどこがいいか判断して家が完成してからでないと始まらないので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

参考:http://www.aquazoom.net/jyutakuloan/dokogaii.html

注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので早急に対応できないと、後々支払いが大変になります。

安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの住宅ローンはどこがいいかがかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済住宅ローンはどこがいいかが解るシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。

自宅が欲しいと思ったとき住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

金融機関ならどの場所でも申し込みが可能なのでせっかくですから評判が良い所が良いですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

サイト上には、資金関係はもちろんのこと社員の態度やお店の雰囲気などまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもありどうせなら良い契約をしたいと考えている人にとって大変良い参考例になるかと思います。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと最終的に実質負担額が増えてしまったという事もあります。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。