住宅ローンの審査が厳しいだろうけど一応夢のマイホームは建てたい

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったらその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、お金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせていくらになるのかを事前に確認しておきましょう。

住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

ネットバンク・労金・銀行など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

これから、マイホームを購入する予定のある方、実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

賞与などを利用した返済にするのかしないのか、どれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる費用がかさむと、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

引用:http://www.sonnerie-a-telecharger.net/jyutaku/haken.html

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。