iphoneが水没した時の対処方法は?

iPhoneが水没した場合、電源は入れずに、まずは乾かします。
濡れた状況で電源オンにすることで、精密機器自体に故障が発生する可能性があるためです。
クリップを伸ばし、すぐにSIMカードをはずします。
カバー類もすぐにはずして、水のついている本体部分を拭き取ります。
Dockコネクタ、ヘッドフォン端子は水が溜まりやすいため、ティッシュで十分に吸収させます。
水分が機器内で移動する可能性もあるため、本体を上下に振ることはやめましょう。
乾かせるという応急処置を、できるだけ早く行います。
セルフで復活を試みることも可能ですが、無理な時は修理に出します。
AppleStoreに持ち込んだ場合も、水没は保証対象外です。
しかし、有償で新品、あるいは整備済みiPhoneに交換することはできます。
格安Sim最新データ | 格安SIM比較